クレンジングの種類と特徴を知って肌老化を防ぐ


現在、市販されているクレンジングには、オイルタイプ、ゲルタイプ(ジェルタイプ)、クリームタイプ、リキッドタイプというように、さまざまな種類がありますが、それぞれの特徴や違いを理解して、自分にあったものを選ぶことが、肌老化を防ぎ美肌を保つには、とても大事です。

クレンジングというと、ついついメイクの落としやすさだけを重視して選んでしまいがちですが、日頃使っているクレンジングの中身(成分)や性質を理解していないと、思わぬ肌トラブルを引き起こしてしまいます。

まずは、市販されているクレンジングの種類と特徴を説明しますので、クレンジング選びの参考にしてください。


オイルタイプ


基本的に、クレンジングは油分でメイクを浮かせて落とすものなので、油分の多いオイルタイプのクレンジングは、メイクを落としやすいということから人気があります。

しかし、油分が多すぎると、その油分自体を落とすために界面活性剤を多量に含ませる必要があるので、製品によっては肌にかなりの負担を与えてしまいます。

また、オイルタイプのクレンジングは、液状なので、指と肌の摩擦が強くなり、お肌をゴシゴシとこすってしまい肌を傷つけてしまうことになりがちなので注意が必要です。

そもそも、界面活性剤って?


リキッドタイプ(ローションタイプ)


コットンに含ませて、ささっとふき取るだけの簡単さが理由で人気なのがリキッドタイプのクレンジングです。

油分が少ないため、どうしても洗浄力を高めるために界面活性剤は多めのものがほとんどです。

リキッドタイプもオイルタイプと同様、お肌をゴシゴシとこすってしまうことは注意しなければいけません。


ミルクタイプ


お肌にやさしいというイメージで人気なのがミルクタイプのクレンジングです。

メイクの落としやすさという意味では、メイクを浮かせるための油分が少ないので、メイクが落ちにくいという難点がありますが、メイクが薄い方や敏感肌の方などを中心に利用者が多いです。

ただ、クレンジングの目的は、やはり、しっかりメイク汚れを落とすことですし、洗い残しがあると毛穴の詰まりなどの肌トラブルの原因となるので、気になる方は別のタイプに見直すことも必要です。


クリームタイプ


適度な油分を含んでいるので、メイク落ちもよく、液状のものと比べ指と肌の摩擦も起こりにくく肌にやさしいことで人気なのがクリームタイプのクレンジングです。

オイリー肌、乾燥肌というような肌質に関係なく利用できるというのも利用者が多い理由です。

ただし、オイルタイプと比べると、若干、メイクが落ちにくいという難点もあります。


ゲルタイプ(ジェルタイプ)


クリームタイプと同じく、弾力のあるジェルは摩擦も起きにくく、メイクにもなじみやすいので人気のクレンジングです。

さっぱりとした使用感も人気の理由のひとつです。

しかし、やはりオイルタイプと比べると、メイクの落ちやすさには難点があります。


シートタイプ


シートでさっとふき取るだけの手軽さが人気の理由。

ただし、油分でメイクを浮かせるというプロセスを省略して、界面活性剤の洗浄力だけで落とすものが多いため、どうしてもお肌へのダメージは大きくなりがち。

よほど気を付けてふき取らないと、肌に小さな傷がついてしまうので、あまりオススメはできない。


アイメイクのリムーバー/おすすめの選び方






女弁護士